メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「目指すのは金しかない」ソフト日本代表、新ユニホーム発表で決意

ソフトボール日本代表の新ユニホーム(ホーム用)を着用する山田恵里主将。右はビジター用=東京都新宿区で2020年7月22日、宮間俊樹撮影

[PR]

 来夏の東京オリンピックで金メダルを目指すソフトボール日本代表の新ユニホーム発表記者会見が22日、東京都内で開かれた。新ユニホーム姿で登壇した主将の山田恵里(日立)は「目指すところは金メダルしかない。ユニホームのパワーをもらい、一番良い色のメダルが取れれば」と決意を語った。

 当初の予定ではこの日に五輪初戦のオーストラリア戦が行われる予定だった。山田は「1年延びても延びなくても、やるべきことは変わらない」と強調。オンラインで参加した宇津木麗華監督は「1年延びたことでチーム編成、戦略、戦術は変わる」と語り、若手の成長に期待を寄せた。

 これまでのユニホームは金色主体だったが、日の丸を背負う覚悟や日本を象徴するとして赤に変更。宇津木監督は「シンプルで、強そうで、本当にわくわくする」と語った。

 日本代表は11月中旬に活動を再開。国内外で合宿を行い、来年2月ごろに五輪メンバー15人を決める。【細谷拓海】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです