地元・蔵王を楽しんで 温泉街で謎解きイベント あすから /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高湯堂が始める企画「蔵王温泉ミステリーハント」のチラシ=高湯堂提供
高湯堂が始める企画「蔵王温泉ミステリーハント」のチラシ=高湯堂提供

 地域の人に蔵王温泉の魅力を知ってもらおうと、温泉コーデショップ「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」(山形市蔵王温泉)は24日から、温泉街の謎解きイベント「蔵王温泉ミステリーハント」を始める。期間は10月31日まで。

 県内在住者を対象に、地元を楽しんでもらうきっかけを作ろうと、同店オーナーで、観光地域作り会社「LABEL LINK」社長の竹直也さん(34)が企画した。

 コースは、地元の家族向けや蔵王温泉リピーター向けなど四つ用意。コースごとに配られるカードに書かれた温泉街の歴史や、文化にまつわる謎などをヒントに、3~4カ所のスポットを探し当て、全てのスポットに設置された絵や文字をつなぎ合わせることで謎を解き明かしていく。制限時間は1時間~1時間半。時間内に高湯堂で答え合わせをし、正解者には、同店の蔵王温泉湯巡りタオルがプレゼントされる。

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集