メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「真鯛こねずし」発売 出荷減の養殖業者を支援 尾鷲の加工会社 /三重

新商品「漁師町の真鯛こねずし」をPRする三和水産・めでたい屋の小川栄美さん=三重県尾鷲市三木浦町で

 尾鷲市三木浦町のタイ専門の水産加工会社「三和水産・めでたい屋」が、新商品「漁師町の真鯛(まだい)こねずし」の販売を始めた。特製のタレに漬け込んだタイの刺し身や合わせ酢などを冷凍して詰め合わせた新商品で、自宅で素朴な味の「こねずし」を味わえる。新型コロナウイルスの感染拡大で地元特産の養殖マダイは出荷が大幅に減っており、商品開発を担当した小川栄美さん(53)は「養殖業者さんの助けになれば」との期待も込める。

 こねずしは酢飯に具材を混ぜて作る。マダイの需要減に伴い、同社も取引先の注文が減っていたころから、生じた時間を使い、長年温めていた商品開発に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです