メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 鈴鹿市が6.8億円補正案 リフォーム補助や障害者支援 /三重

 鈴鹿市は22日、新型コロナウイルス対策となる総額6億8234万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。住宅リフォーム工事費の補助などの経済対策や、障害者とひとり親世帯への商品券配布などの生活支援策を盛り込んでおり、29日の市議会臨時会に提案する。

 経済対策では、自宅で過ごす時間が長くなる中、市民の居住環境向上と市内経済の活性化を兼ね、住宅リフォーム促進事業(1億11万円)を実施。塗装や防水工事、トイレやキッチンなどの給排水設備の設置、エアコンやウッドデッキの設置など10平方メート…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです