メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 鈴鹿市が6.8億円補正案 リフォーム補助や障害者支援 /三重

 鈴鹿市は22日、新型コロナウイルス対策となる総額6億8234万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。住宅リフォーム工事費の補助などの経済対策や、障害者とひとり親世帯への商品券配布などの生活支援策を盛り込んでおり、29日の市議会臨時会に提案する。

 経済対策では、自宅で過ごす時間が長くなる中、市民の居住環境向上と市内経済の活性化を兼ね、住宅リフォーム促進事業(1億11万円)を実施。塗装や防水工事、トイレやキッチンなどの給排水設備の設置、エアコンやウッドデッキの設置など10平方メート…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです