メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染想定し松阪市、休校マニュアル策定 /三重

 松阪市の竹上真人市長は22日、市立小中学校で児童生徒の新型コロナウイルスに関する臨時休校などの対応マニュアルを策定したと発表した。マニュアルの策定は県内市町で初めてという。

 同市はこれまで、市立小中学校で感染者や濃厚接触者が出た場合、大阪市など先進自治体が策定済みのマニュアルや保健所などの助言を基に対応を検討する予定だった。しかし、隣接する明和町の小学校で児童の感染が確認されたことを受け、独自…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです