連載

木語

中国取材の経験が豊富な坂東賢治専門編集委員のコラム。

連載一覧

木語

中国水害の政治学=坂東賢治

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <moku-go>

 中国南東部の江西省にあり、長江南部に広がる鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖とされる。チベット高原の青海省にさらに大きな青海湖があるが、こちらは塩湖だ。鄱陽湖の平均水位時の面積は約3100平方キロで琵琶湖の5倍弱だが、水位の変化で面積は大きく変わる。

 2012年の渇水時には約200平方キロにまで縮小した。逆に今年は長雨で水位が上昇し、14日に過去10年で最大という約4400平方キロにまで拡大した。洪水時に長江の水を引き入れる自然のダムの役割を果たしているわけだ。

 6月上旬から続く豪雨で中国は歴史的な水害に見舞われている。今月12日時点で被災者総数は約3800万人。死者と行方不明者は140人以上に達し、経済的損失は1兆円を超えた。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1042文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集