メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国水害の政治学=坂東賢治

 <moku-go>

 中国南東部の江西省にあり、長江南部に広がる鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖とされる。チベット高原の青海省にさらに大きな青海湖があるが、こちらは塩湖だ。鄱陽湖の平均水位時の面積は約3100平方キロで琵琶湖の5倍弱だが、水位の変化で面積は大きく変わる。

 2012年の渇水時には約200平方キロにまで縮小した。逆に今年は長雨で水位が上昇し、14日に過去10年で最大という約4400平方キロにまで拡大した。洪水時に長江の水を引き入れる自然のダムの役割を果たしているわけだ。

 6月上旬から続く豪雨で中国は歴史的な水害に見舞われている。今月12日時点で被災者総数は約3800万人。死者と行方不明者は140人以上に達し、経済的損失は1兆円を超えた。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです