メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

永田和宏さん=JT生命誌研究館館長に就いた歌人

永田和宏(ながた・かずひろ)さん(73)

 京都大、京都産業大で研究を続け、今春からは「JT生命誌研究館」(大阪府高槻市)が活動の場になった。歌人であり、コラーゲン生成・合成に必須の新たなたんぱく質を発見した細胞生物学の研究者でもある。

 遺伝子レベルから生態系を研究し、生命の歴史や進化を展示する施設の3代目館長に。「なんで、と問いを発することが少なくなったでしょう?」。引き受けたのは、学生たちに疑問や驚きが乏しいと危機感を抱いたからだ。「一つ分かれば、次々に新たな疑問がわくのが科学の面白さ」と強調する。

 館長としての初仕事は新型コロナウイルス対策で研究者に自宅待機を要請することだった。科学的にあやふやなコロナ情報も飛び交うが、「高校までの知識でわかることも、みんな本棚にしまっちゃう」と「知」を日常に生かす大切さを説く。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです