メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ さださん、鎌田さんらトーク/上 介護崩壊、食い止めに奔走

さだまさしさん(「風に立つライオン基金」提供)

 高齢者施設などで新型コロナウイルスへの感染者が相次いでいるのを受け、介護事業所での感染防止をテーマにした相談会を、公益財団法人「風に立つライオン基金」とNPO法人「ジャパンハート」が各地で開催している。発起人の鎌田實医師と歌手のさだまさしさん、相談会で助言する森徳郎医師、介護事業者「SOMPOケア」の遠藤健社長が5月、介護の現状と現場支援について東京都内を起点にインターネットでのビデオ会議システムで語り合った。

 鎌田實 感染が拡大する中、さだまさしさんと基金では、まず医療の最前線で頑張っている医師や看護師たちへの支援を始めた。当初、東京都内の総合病院では、N95といった高機能マスクが足りず、困っていた。医療物資の支援をしながら介護が崩壊しかかっていることを知った。

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです