メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第2部 揺らぐ祭典/1 復興、五輪へ期待冷め 福島のNPO「自分たち次第」

あづま球場で復興五輪への思いを語る斎藤道子さん=福島市で

 スタンドに足を踏み入れたとたん、息が止まった。ブルーの観客席は長年の風雨で薄汚れ、ピッチには灰色の作業員宿舎が建っている。スコアボードの時計は2時46分を指したまま動かない。サッカーの聖地と言われたJヴィレッジから、スポーツのぬくもりが消えていた。

 2017年2月、福島第1原発事故から約6年後のことだった。スポーツボランティアを派遣する福島市のNPO法人「うつくしまスポーツルーターズ」の斎藤道子さん(56)は東日本大震災後初めて、Jヴィレッジを訪れた。

 かつてはボランティアとして、サッカーの試合のたびに足を運んだ。試合前、みんなで座席を雑巾で拭くのが習わしだった。震災後、なじみのスタジアムは原発対応の最前線基地へと変わった。廃虚のようなスタジアムで、斎藤さんは3年半後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに思いをはせた。閉幕日にJヴィレッジで五輪ボランティアの後夜祭を開き、被災地を見てもらうきっかけにできないか――。このころはまだ、「復興五輪…

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです