メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音もお値段も「圧倒的」 国内唯一の真空管メーカーが150万円アンプ 京都

真空管パワーアンプ「TA-S01」

 国内唯一の真空管メーカーが京都府久御山町にある。2010年に国産としては35年ぶりの真空管を復活させた「高槻電器工業」だ。高品質真空管「TA―300B」の威力を引き出すべく、18年秋にはパワーアンプ「TA―S01」を発売。新型コロナ禍で、中止していた試聴会は7月に再開した。どんな音なのか、6月上旬に同社を訪ね、聞かせてもらった。

 視聴室には、米国製大型スピーカー「アルティックA7X」が鎮座していた。アナログレコードはライ・クーダー「バップ・ドロップ・デラックス」、CDはキース・ジャレット・トリオ「スティル・ライブ」を持参した。

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです