特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「手話言語法」制定を コロナで課題浮き彫り 香川・聴覚障害者協会理事長に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聴覚障害者を取り巻く状況などについて説明する近藤龍治さん=香川県観音寺市で2020年6月11日午後3時36分、金志尚撮影
聴覚障害者を取り巻く状況などについて説明する近藤龍治さん=香川県観音寺市で2020年6月11日午後3時36分、金志尚撮影

 手話を言語の一つとして位置付け、普及啓発に努めることを定めた「手話言語条例」が全国に広まっている。一方、現実的には手話で会話できる人はまだ圧倒的に少なく、新型コロナウイルス禍で改めて聴覚障害者への情報保障が課題として浮き彫りになった。香川県聴覚障害者協会の近藤龍治理事長(55)に手話通訳を介して現状の問題点や望ましい配慮のあり方を聞いた。【金志尚】

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1868文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集