メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者・清六の戦争

/3 憧れの体験入隊 思い砕いた「古兵への盲従」 たたき上げから従軍記者に

清六の父清治が日露戦争従軍時に使用した軍帽と勲章。清六の生家に残っていた=親族提供

 宇都宮高等農林学校(現宇都宮大学農学部)に通っていた1925(大正14)年、伊藤清六は仲間21人で宇都宮第66連隊へ見学に行き、詳細な記録を残している。「見学」とはいっても、実際に5日間兵舎に泊まり込み、軽機関銃射撃などの演習を行う本格的なものだ。

 大正期、陸軍は第一次世界大戦後の国際的な軍縮の流れを受け、3度にわたり将兵の削減を実施。宇都宮でも新規の入営を制限し、兵舎に空きが出て実現したものだという。

 清六は軍隊の存在意義についてさまざまな議論があるとし、「忠か。正か。はたまた逆か。軍隊に対する一通りの理解を得たい」と参加理由を記している。

この記事は有料記事です。

残り1826文字(全文2101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです