メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者・清六の戦争

/4 戦争あおってはいなかったか 従軍記者は第一線に向かった 南京攻略の現場にも

記者・伊藤清六の上海派遣を伝える1938年10月24日付東京日日新聞栃木版の紙面

 糸をたぐるように追ってきた伊藤清六の人生。私は古い新聞の縮刷版やマイクロフィルムに目を凝らし、わくわくする時を重ねた。

 でも一度だけやめたいと思ったことがある。心がざらつき、そのことばかりが頭を占めた。私の曽祖父清一の日記から、弟の清六が民間人殺害などがあったとされる南京攻略の現場にいたと知った時だ。農政記者のはずが、なぜなのか。答えは当時の新聞にあった。

 「上海の第一線へ 伊藤記者を特派」。1937(昭和12)年10月24日付東京日日新聞(現毎日新聞)栃木版は、内国通信部(現地方部)記者だった清六の戦場派遣を告知した。「戦局は拡大進展し、国民の眼(め)はその報道に集中されています」とし、派遣により「今後は愈々(いよいよ)県出身兵の活躍動静が詳細報道」できるとしている。

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです