メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに悩む先生の「心の職員室」 感染防止、学習の挽回…ネットで支え合い

「コロナ禍による学校現場の危機的状況を社会に伝えていく必要がある」と語るNPO法人「共育の杜」の藤川伸治さん。実態把握に向けたアンケート調査を実施し、分析を進めている=東京都千代田区で2020年7月21日午後6時56分、大久保昂撮影

 新型コロナウイルスへの対応に奔走する学校の先生たちが、仕事を終えた後に集まって悩みを分かち合うオンラインのグループがある。その名も「心の職員室」。2月下旬にフェイスブック上に開設されてから約5カ月で、参加者は1000人を超えた。感染防止対策に学習遅れの挽回など強いストレスにさらされている先生たちが支え合う場となっている。【大久保昂】

 「心の職員室」を開設したのはNPO法人「共育の杜(もり)」。元中学教員の藤川伸治さん(63)が中心となって昨年10月に設立された。藤川さんは2000年から18年間、日本教職員組合の役員として、「世界一忙しい」と言われる日本の教員の働き方の見直しに取り組んだ経験を持つ。18年3月に定年退職した後も、現場の先生を支え続けたいとの思いからNPOを立ち上げた。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. JR九州の駅無人化「移動の自由の妨げで違憲」 大分の車椅子男女3人が賠償提訴

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです