電子書籍で「病気に見せ死なせる」 ALS安楽死 容疑の医師と同姓同名

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
移送される山本直樹容疑者=JR京都駅で2020年7月23日午後2時23分、北村隆夫撮影
移送される山本直樹容疑者=JR京都駅で2020年7月23日午後2時23分、北村隆夫撮影

 全身の筋力が徐々に低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を発症した京都市の女性(51)に頼まれ、2人の医師が薬物を投与し殺害したとされる事件。嘱託殺人の疑いで逮捕された東京都の医師、山本直樹容疑者(43)と同姓同名の人物が、病死と見せかけて高齢者を殺害する方法を説く電子書籍を出版しており、その内容と事件の関連性に注目が集まっている。

 書籍のタイトルは「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術:誰も教えなかった、病院での枯らし方」。アマゾンのホームページに掲載されているが「調査中」という表示があり、購入できない状態になっている。

 紹介文では、次のように書かれている…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文983文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集