メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「義足は“武器”なのかな」 パラリンピックが示した理想 モデル・矢野海音さん

義足であることをカミングアウトしたモデルの矢野海音さん。「世界で活躍する義足のモデルになりたい」と語った=大阪市北区で2020年7月11日、山崎一輝撮影

 番号が呼ばれ、まぶしいライトが照らすステージへと踏み出した。客席はファッション雑誌や芸能関係者で埋まっている。2017年、東京ガールズコレクションの出場権を懸けたオーディション。最終選考一歩手前のステージ審査で、タンクトップにショートパンツ姿の矢野海音(あまね)さん(18)=大阪市=は膝上まであるソックスに包んだ長い脚を繰り出し、舞台の中央まで歩いた。最終選考には進めなかったが、客席の反応には手応えがあった。

 そして、やっぱり誰も気づかなかった。

 右足が義足であることに。

 幼い頃からかわいい服やメークが大好き。5歳からアパレルブランドのモデルを務めた。小学4年生になると、ダンススクールの仲間とアイドルグループを結成した。人見知りで引っ込み思案だったが、カメラの前では笑顔になれた。「将来はモデルさんやな」。周囲の言葉がうれしかった。

 しかし12歳の時、血管が炎症を起こす難病を発症。…

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです