メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県高校総体代替大会が開幕 熱い走り「悔いなし」 /茨城

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止された県高校総合体育大会の代替大会となる陸上競技の「県高校夏季大会」が23日、笠松運動公園陸上競技場(ひたちなか市など)で始まった。大会期間は23~26日。この日は男女の400メートル、棒高跳び、ハンマー投げなどの決勝が行われた。

 タイムレースで行われた女子1500メートルは、3組の加藤花梨選手(取手聖徳女高3年)が最後の直線…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです