メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋・フィリピン人移住者センター 同胞女性ら支え20年 /愛知

フィリピン人移住者センターを訪れた女性に食料を手渡す代表の石原バージさん(左)=名古屋市で

 名古屋市にあるフィリピン人移住者センター(FMC)が設立から20年を迎えた。同胞の在日フィリピン人女性らの支援を続けてきた代表の石原バージさん(59)は「出会った人が今はボランティアとして団体に携わるようになり、周囲の理解も広がってきた」と振り返る。

 1993年、日本で働くために来日し、日本人男性と結婚した。活動のきっかけは、ドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた女性に偶然、出会ったこと。得意な裁縫で夜の繁華街で働く女性の衣装直しの仕事をしていて、採寸していた女性の脚にあざがあるのに気付いた。尋ねてみると、女性へのDVが分かった。夫から逃げるようアドバイスした。

 うわさは広がり、残業代未払いや子どもの問題など、相談が次々に寄せられるようになり、2000年にバージさんと日本人ら計6人でFMCを立ち上げた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです