メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

患者嘱託殺人 川口有美子・患者家族NPO副理事長/橳島次郎・生命倫理政策研究会共同代表

川口有美子さん

 事件の一報に驚くとともに、「やはり起こったか」という思いがわいた。

 確かにALSの患者は悩みや不安、孤独や苦しみを抱えている。しかしここ数年で重度訪問介護などのサービスやノウハウが全国に広がり、自宅でのケアや1人暮らしも可能になってきた。障害を持っていたり、人工呼吸器を装着したりしていても、患者は結婚したり、仕事をしたり、旅行を楽しんだりしている。

 しかし、報道によると亡くなった女性は十分な介護保障を受けていたとみられるのに、死を選んでしまった。社会保障だけでは癒えない心の痛みがあり、どのようなアプローチがあれば救えたのかを考えている。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ハンコは「抵抗勢力」か 印章制度の本質と過度なデジタル化の危険

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. バイデン氏が自分を批判し選挙に有利でないハリス氏を選んだ理由 副大統領候補を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです