メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本太郎の現在地

れいわ、共闘へ存在感 山本太郎氏「実験」の都知事選3位 次期衆院選、野党主導狙う

 れいわ新選組が躍進し、政党要件を獲得した昨年7月の参院選から1年が経過した。山本太郎代表は今月5日投開票の東京都知事選で3位に終わったが、「れいわ人気」の根強さも示した。一方で「野党共闘」を乱したことに、立憲民主党や共産党は不信感を募らせる。都知事選を「次期衆院選に向けた実験だった」と漏らす山本氏の狙いは何だったのか。

 「至らない点も多々ある私たちですが、『生きているだけで価値がある社会』を全力で構築していくことを誓います」。山本氏は前回参院選の投開票日から丸1年になる21日、自身のツイッターにこう書き込んだ。同時に投稿された写真では、山本氏と並び、参院選で初当選した舩後靖彦、木村英子の両参院議員が笑みを浮かべていた。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです