メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

パパと呼ばれて 宮城県名取市・倉島研(スクールカウンセラー・44歳)

 最近、子どもたちが私にくっつきまくっていたころを思い出す。新型コロナウイルスが広がるずっと前、保育士をやっていたころのことだ。

 床に座っていると背中から「山」を登ってくる子たちがいた。その「山」を越えて私の前に落ちてこようとする。落ちる瞬間を私につかまえられ、あぐらの上にそっと置かれると、満面の笑みを見せていた。

 「山」ではなく「穴ぼこ」に直接向かう子たちもいた。あぐらでできた脚の間のスポットだ。そこに入ってあおむけになり、私の表情をうかがいながら「パパー!!」と甘えた声を出すのだ。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです