メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪へ1年 国立から発信 競泳・池江選手「希望輝くから前向ける」

聖火の入ったランタンを掲げる池江璃花子選手=東京・国立競技場で23日(代表撮影)

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピックは23日、開幕1年前を迎えた。白血病と闘う競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が主会場の国立競技場(東京都新宿区)からアスリートを代表してメッセージを発信した。「1年後のきょう、この場所で希望の炎が輝いていてほしい」と開催実現を願った。

 大会組織委員会は感染予防のため記念式典は見送り、1年後に開会式が始まる午後8時から観客を入れずにメッセージの発信のみ行うことにした。アテネから運ばれ、保管中の聖火がともったランタンを手に芝の上に立った池江選手は「世の中がこんな大変な時期にスポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよく分かります。ただ、逆境からはい上がっていく時には、どうしても希望の力が必要。希望が遠くに輝いているからこそ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです