メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド

旅行、ウィズコロナは 高級・ゆとり・自然

岩手の八幡平に長期滞在するツアーの参加者を検温する阪急交通社のスタッフ=大阪(伊丹)空港で2020年7月1日午前10時23分、宇都宮裕一撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 夏本番を目前に、旅行各社が商品プランに工夫を凝らしている。今夏のキーワードは「高級・ゆとり・自然」。新型コロナウイルス感染の再拡大が懸念される中、各社は対策を強化しながら、手探りで旅行需要の掘り起こしを図っている。

 「岩手の八幡平(はちまんたい)に1週間。自宅で1日休んだら、今度は長野の斑尾(まだらお)高原に1週間。とにかく、地方の大自然でのんびりしたい」。大阪(伊丹)空港の団体受付カウンターで1日、ツアーに向かう手続きを夫と済ませた京都市北区の無職、西畑照子さん(75)は笑顔を見せた。

 西畑さんが選んだのは、いずれも温泉リゾートに6連泊する阪急交通社の長期滞在プラン。温泉宿に滞在しながら、周辺の大自然や街並みをじっくり楽しむ。少人数でバスで周遊するか、ホテルの周囲を気ままに散策するかを毎日、現地で選べる。2~4人で1室を使う場合、1人約12万~16万円。同社は長期滞在プランの行き先を20種類と、同プランに力を入れ始めた2年前の約4倍に増やした。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです