メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪1年前 輝け希望の炎 池江選手がメッセージ

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピックは23日、開幕1年前を迎えた。白血病と闘う競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が主会場の国立競技場(東京都新宿区)からアスリートを代表してメッセージを発信した。「1年後のきょう、この場所で希望の炎が輝いていてほしい」とを願った。

 大会組織委員会は感染予防のため記念式典は見送り、1年後に開会式が始まる午後8時から観客を入れずにメッセージの発信のみ行…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 4万人までの1万人増は9日間で 初感染者から1万人と比べペース10倍に

  4. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  5. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです