メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「まとめたくないという意思表示」立憲・枝野代表、玉木氏に不快感 新党名巡る発言で

枝野幸男代表=竹内幹撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表は24日、国民民主党の玉木雄一郎代表が立憲と合流後の新党名を投票で決めるべきだとの考えを表明したことに不快感を示した。視察先の福岡県久留米市で記者団に「交渉当事者ではない執行部の人間が外部に物を言うのは、まとめたくないという意思表示としか思えない」と述べた。

 さらに「壊すつもりでないならば、余計なことを言うべきではない」と玉木氏をけん制した。

 国民の平野博文幹事長は22日、新党名を民主的な手続きで決めるべきだとの考えを立憲の福山哲郎幹事長に伝達。福山氏は「しこりは残したくない」として投票以外の方法を模索する意向を示した。同じ日に玉木氏は記者会見で「投票以外にイメージできない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです