感染症、飢餓…戦死者の苦しみ伝え インパール作戦題材に企画展 滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インパール作戦の写真や遺品=滋賀県東近江市下中野町の県平和祈念館で2020年7月18日午前11時47分、伊藤信司撮影
インパール作戦の写真や遺品=滋賀県東近江市下中野町の県平和祈念館で2020年7月18日午前11時47分、伊藤信司撮影

 「兵士を襲った感染症と飢餓」と題した企画展が、滋賀県平和祈念館(東近江市下中野町)で開かれている。多数の日本人が戦病死した第二次世界大戦の「インパール作戦」を取り上げ、県関係者16人の証言と遺品67点などを展示。戦争と感染症の恐ろしさを改めて訴えている。【伊藤信司】

兵士の証言や遺品67点

 1944年3~7月、日本陸軍はビルマ(現ミャンマー)から、英軍の拠点だったインド北東部・インパールの攻略を目指した。険しい山岳地帯を進む計画は、補給面で問題が多く失敗。餓死や戦病死も含め数万人が犠牲になった。撤退ルートは「白骨街道」と呼ばれるほどの惨状だった。

 ビルマ・インド・タイ方面で戦没した滋賀県出身者は4639人。インパール作戦でも多数が亡くなっている。企画展では、ジャングルの川を渡り、自動車を分解して山を登るといった行軍風景が写真で紹介されている。長浜市出身で8月3日に戦死した速水孝男さんの遺品の日の丸や、「武運長久」の千人針も展示されている。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1145文字)

あわせて読みたい

ニュース特集