メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電が送電線巡視路をマウンテンバイクコースに 富士山麓、高低差200メートル

「フジヤマ・パワーライン・トレール」をマウンテンバイクで駆け抜ける参加者たち=静岡県富士市で

[PR]

 東京電力パワーグリッドは、静岡県富士市内の送電線巡視路を活用したマウンテンバイクコース「フジヤマ・パワーライン・トレール」を開設した。23日に現地で式典があった。

 コースは富士山のふもとの山中を東西に通る約7キロ。クロスカントリー型で高低差は約200メートルあり、アップダウンが激しく、中級・上級者向けという。将来的には20キロまで延ばす構想がある。

 巡視路は舗装されていない細い道で、同社の若手社員が「手を加えればコースになるのでは」と発案した。「送電線の下を通るマウンテンバイクコースは日本初」という。23日は県内外から多くの愛好者が訪れ、早速コースを駆け抜けた。

 料金は4000円。利用時間は午前9時から午後5時までで時間内なら何回でも走れる。東京電力パワーグリッドのホームページから事前の申し込みが必要。【長沢英次】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです