メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夜の街」に警視庁が立ち入り、都職員同行 キャバクラやホストクラブ、感染対策説明

風営法対象店舗への立ち入り調査に向かう警視庁の捜査員や東京都職員ら=東京都新宿区で2020年7月24日午後8時22分、滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染が相次いだ東京都内屈指の繁華街、新宿・歌舞伎町と池袋の両地区で、警視庁は24日夜、風営法に基づいてキャバクラやホストクラブなどに立ち入り調査を実施した。都内では接待を伴う飲食店などの「夜の街」で感染が目立つため、都職員が同行し、店舗責任者らに感染症対策の徹底を呼びかけた。

 歌舞伎町では24日午後8時半ごろ、警視庁の捜査員ら8人が雑居ビルに続々と入った。営業時間の順守状況や18歳未満の接客などの違反がないかを確認した。店の同意を得た上で、都の職員が定期的な…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです