特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

「被爆75年の節目に悔しい」 広島の反戦画家、四国五郎ゆかりの美術展初の中止

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第2回広島平和美術展(1956年)の会場で、自身が描いた作品「母子」の絵の前に立つ四国五郎。第1回も同じタイトルの絵を出品した=四国光さん提供
第2回広島平和美術展(1956年)の会場で、自身が描いた作品「母子」の絵の前に立つ四国五郎。第1回も同じタイトルの絵を出品した=四国光さん提供

 原爆の悲惨さを描いた絵本「おこりじぞう」で知られる広島の反戦画家・四国五郎(1924~2014年)が、世界平和の実現を目指して55年に始めた「広島平和美術展」が新型コロナウイルスの影響で初の中止に追い込まれた。敗戦の10年後、原水爆禁止を求める声が高まる中で開かれた第1回から、四国の遺志を継いで昨夏まで65回を重ねた関係者は「被爆75年の節目に開けず悔しい」と肩を落とす。

 広島生まれの四国は旧日本軍兵士として旧満州(中国東北部)で終戦を迎え、旧ソ連によるシベリア抑留を経て48年に帰国し、弟の被爆死を知った。詩人の峠三吉(17~53年)らと文学グループ「われらの詩(うた)の会」を設立し、峠の「原爆詩集」の表紙絵を描くなど、最愛の弟と反戦・反核への思いを油絵や水彩、詩などで表現し続けた。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1068文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集