特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナで飲食店から消えたもの、思わぬ客の行動とは 追い風吹く新ビジネス

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
使い捨てのメニュー(左)とこれまで使われていた冊子タイプのメニュー=エー・ピーカンパニー提供
使い捨てのメニュー(左)とこれまで使われていた冊子タイプのメニュー=エー・ピーカンパニー提供

 新型コロナウイルスの感染を避けるため、人やモノとの接触をなるべく減らそうとする行動様式が広がっている。これに呼応した企業側の取り組みによって、飲食店などの姿も大きく変わろうとしているようだ。生き残りをかけたビジネスの現場を取材した。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

メニューを使い捨て、QRコード式に

 コロナ禍の中で大きく変わったものの一つが、不特定多数の人が触れるものへの「忌避感」だろう。飲食店や商業施設はこまめに消毒するなど感染防止策に懸命だが、接触そのものを減らす取り組みも広がっている。その一つが、どこの飲食店のテーブルにも置かれている定番グッズの撤去だ。

 居酒屋「塚田農場」などを手がけるエー・ピーカンパニー(東京都港区)は、4月2日から休業していた全国約180店の飲食店を6月1日に再開した際、これまでテーブルに置いていた小皿やはし、メニュー表を全て撤去した。特に、メニュー表は客が入れ替わるたびに消毒が必要となるため、商品名や値段などを印刷したA3の紙を客ごとに渡し、食後に廃棄する方式に切り替えた。

この記事は有料記事です。

残り3105文字(全文3566文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集