メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井棋聖 丸山九段に敗れる 竜王戦決勝トーナメント 年内3冠の可能性消える

藤井聡太棋聖=東京都渋谷区の将棋会館で2020年7月21日、長谷川直亮撮影

 最年少タイトル獲得記録を更新した将棋の藤井聡太棋聖(18)が24日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第33期竜王戦(読売新聞社主催)決勝トーナメントで、丸山忠久九段(49)=2組2位=に千日手指し直しの末に116手で敗れた。今期、ランキング戦3組で優勝し、決勝トーナメントに進出した藤井だったが、竜…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元ソフトバンクの摂津氏が白血病 骨髄ドナー増えること願って公表

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです