メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ニール・ヤング「ソングズ・フォー・ジュディ」(1976年録音)

 

 <楽庫(らっこ)>

 曲や音をこつこつと作り上げていく自宅やスタジオが自らの創造の最前線だと考えているミュージシャンもいれば、その最前線はライブやコンサートなど人前で歌うことにあると考えているミュージシャンもいる。カナダ出身で今はアメリカ国民となったニール・ヤングは後者の代表的存在だと言えるだろう。ライブは彼のひらめきの場であり、実験の場でもある。

 2018年に発表されたこのライブアルバムは、1976年11月にニールが深い絆で結ばれているバンド、クレイジー・ホースと一緒に回ったツアーから、ステージの前半、彼がアコースティックソロで演奏した曲、22曲が収められたものだ。76年のニールといえば人気絶頂期で、ソロのステージで彼は60年代後半から70年代中ごろにかけてヒットした数々の人気曲を演奏すると同時に、できたばかりの新曲も数多く披露している。…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです