メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀北の週末限定カフェに行列 心込めて焼いたタルトやケーキ 開業延期でテークアウトのみ /三重

倉庫を改装し、フランス製のインテリアで統一したカフェをオープンした加藤明弘さん=三重県紀北町東長島の「カフェ アンド ブロカント 余白」で

 祖父の代から約80年続いた飲料水販売の倉庫を改装し、紀北町東長島の加藤明弘さん(53)が週末限定で焼き菓子とドリンクの店「カフェ アンド ブロカント 余白」を6月にオープンして1カ月余。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、カフェはまだ営業できないが、「おじさんが心を込めて作った」というタルトやケーキをテークアウトで提供。開店前から行列ができる人気のお店となっている。

 夫婦でカフェ巡りを楽しみ、趣味でタルトを作っていたという加藤さん。店を開こうと思い立ったのは7年ほど前。菓子製造業許可などの準備を進め、レシピ本を見て独学でケーキや焼き菓子を学んだ。飲料水販売業をやめ2020年2月から倉庫を改装。春には開業する予定だったが、感染拡大の影響もあり、「テークアウトだけでも」とスタートした。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです