メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀北の週末限定カフェに行列 心込めて焼いたタルトやケーキ 開業延期でテークアウトのみ /三重

倉庫を改装し、フランス製のインテリアで統一したカフェをオープンした加藤明弘さん=三重県紀北町東長島の「カフェ アンド ブロカント 余白」で

 祖父の代から約80年続いた飲料水販売の倉庫を改装し、紀北町東長島の加藤明弘さん(53)が週末限定で焼き菓子とドリンクの店「カフェ アンド ブロカント 余白」を6月にオープンして1カ月余。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか、カフェはまだ営業できないが、「おじさんが心を込めて作った」というタルトやケーキをテークアウトで提供。開店前から行列ができる人気のお店となっている。

 夫婦でカフェ巡りを楽しみ、趣味でタルトを作っていたという加藤さん。店を開こうと思い立ったのは7年ほど前。菓子製造業許可などの準備を進め、レシピ本を見て独学でケーキや焼き菓子を学んだ。飲料水販売業をやめ2020年2月から倉庫を改装。春には開業する予定だったが、感染拡大の影響もあり、「テークアウトだけでも」とスタートした。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです