メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念硬貨通じ、歴史学ぶ 300点を展示 奈良・あすまで /奈良

並べられた記念硬貨に見入る男性=奈良市の奈良町にぎわいの家で2020年7月23日2020年7月23日午後2時22分、小宅洋介撮影

 昭和の高度経済成長期から令和までに発行された記念硬貨や切手を集めた「記念硬貨切手展」が、奈良市中新屋町の「奈良町にぎわいの家」で開かれている。26日まで。

 奈良市に住む収集家、藤野幸三さん(73)のコレクション約300点を展示。1964年に東京五輪が開かれた際に日本で初めて発行された記念硬貨や、菊のご紋のデザ…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです