メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナの現場@山陰

アート制作「生きがい」 居場所確保へ再開 出雲「わんぱく大使館」 /島根

飛沫拡散を防ぐビニールなどが設置されたわんぱく大使館=出雲市東福町で2020年7月6日午前11時11分、前田葵撮影

 「本当は閉所した方がいい。でも彼らの居場所がなくなる」。新型コロナウイルス感染が県内でも確認された4月、芸術活動を通して障害者の自立を支援するNPO法人「サポートセンターどりーむ」(出雲市東福町)は悩んでいた。どりーむが運営する通所施設「わんぱく大使館」(同)では、多様な障害を持ちながら絵画制作などに取り組む25人が約130平方メートルの部屋に集まる。密は避けがたく、マスクも当時品薄が続いていた。

 わんぱく大使館は、障害や病気で雇用契約を結んで働くのが難しい人に仕事や訓練の場を提供する「就労継続支援B型事業所」。通所者は、親の支援や障害者年金に加えて収入を得る。段ボール組み立てや絵画の販売で施設が得る月30万~40万円程度の収入を通所者25人で分け、1人当たり1万~2万円ほど。感染拡大による社会全体の生産活動停滞により、下請けのさらに下請けとして軽作業を担う施設に回ってくる仕事は減りつつあ…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです