若者にアプローチ ハイボール用焼酎販売 三和酒類 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
若者向けに商品化されたハイボール用の「iichiko NEO」=大分県宇佐市で2020年7月20日午後4時2分、宮本勝行撮影
若者向けに商品化されたハイボール用の「iichiko NEO」=大分県宇佐市で2020年7月20日午後4時2分、宮本勝行撮影

 若者を中心に酒離れが進む中、宇佐市の三和酒類は「飲む楽しさの入り口に立ってほしい」とハイボール用本格焼酎「iichiko(いいちこ) NEO」を開発した。500ミリリットル入り、希望小売価格696円(税別)で全国販売している。

 厚生労働省の国民健康・栄養調査(2018年)によると、週3回以上、1回1合以上を飲む「飲酒習慣のある人」は…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

あわせて読みたい

注目の特集