メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者にアプローチ ハイボール用焼酎販売 三和酒類 /大分

若者向けに商品化されたハイボール用の「iichiko NEO」=大分県宇佐市で2020年7月20日午後4時2分、宮本勝行撮影

 若者を中心に酒離れが進む中、宇佐市の三和酒類は「飲む楽しさの入り口に立ってほしい」とハイボール用本格焼酎「iichiko(いいちこ) NEO」を開発した。500ミリリットル入り、希望小売価格696円(税別)で全国販売している。

 厚生労働省の国民健康・栄養調査(2018年)によると、週3回以上、1回1合以上を飲む「飲酒習慣のある人」は…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです