メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

抗体をめぐる混乱=青野由利

 <do-ki>

 今月、新型コロナウイルスの集団感染が発生した東京都新宿区の小劇場。多くの人が、えっ、と思ったのは「体調が悪かったが、抗体検査で陰性だったので、出演した」という感染者の話だろう。

 おさらいすると、抗体は病原体などに対抗して免疫細胞が作り出す物質。「抗体陰性」が示すのは大きく分けて次のいずれかだ。

 「過去に感染したことがなく、今も感染していない」「現在感染しているが、抗体は後から増えるので検出されない」「過去に感染したことがあるが、抗体は検出できなくなっている」

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです