メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・話題の本

『2020年6月30日にまたここで会おう』=永江朗

 昨年の8月、瀧本哲史が病気で急逝したと聞いたときは驚いた。まだ47歳。エンジェル投資家でもある彼が客員准教授をつとめた京都大学の講義は、立ち見が出るほどの人気だったという。

 『2020年6月30日にまたここで会おう』(星海社新書・1078円)は、瀧本が2012年に東京大学でおこなった講義録。表題は、この講義の最後に、8年後、同じ場所での再会を呼びかけたことによる。瀧本のいない今年の6月30日、コロナ禍により東大に集まることはできなかったが、オーディオブック化された本書がネットで無料配信。当日のスライドを見ながら聴く「ゲリラナイト」が敢行され、3800人以上が“結集”したという(ライブ配信はすでに終了、オーディオブックはaudiobook.jpで販売)。

 瀧本は学生たちに呼びかける。世界を変えられるのは、カリスマ的指導者などではなく、君たち若者なのだ、と。そのためには、君たち自身が自分で考え、自分で決めること、そして行動すること。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです