メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホヤのくさみ消し、うまみ際立つ調味料「ほやたれっシング」開発 宮城・石巻

「ほやたれっシング」を売り込むカイタクの菅野智美さん(左)と山形屋商店の山形政大社長=宮城県石巻市で2020年7月6日、百武信幸撮影

 甘みに苦み、塩味や酸味など一度に複雑な風味を楽しめるホヤ。ただ、その独特な味わいゆえ好みも分かれるところだ。ホヤ好きにも、苦手な人にもおいしく味わってもらおうと、宮城県石巻市の一般社団法人「カイタク」が、地元・石巻の老舗みそしょうゆ醸造会社「山形屋商店」と共同でホヤに合う「ほやたれっシング」を開発した。【百武信幸】

 商品は、化学調味料不使用のノンオイルドレッシングながら、ホヤに絡むよう、とろみがついたたれのようでもあり、ユズとカツオの香りが鼻を抜け、ホヤのくさみを消し、うまみが際立つよう工夫されている。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです