メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「夏目友人帳」ファン、熊本の復興後押し ゆかりの旅館被害 SNSで広がる支援

浸水被害から唯一免れた夏目友人帳の主人公らが描かれたアート作品を持つ人吉旅館おかみの堀尾里美さん=熊本県人吉市で2020年7月18日午後1時46分、中里顕撮影

 九州豪雨で球磨川が氾濫し、大きな被害が出た熊本県人吉市の復興を後押しする動きが、人吉球磨地方をモチーフにした人気アニメ「夏目友人帳(なつめゆうじんちょう)」のファンの間で広がっている。作中に登場する風景を訪ね歩くファンの定宿だった老舗旅館「人吉旅館」は、1階が水没するなど激しく損壊して休業に追い込まれたが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じた励ましの声や寄付の申し出に勇気付けられ、再起への歩みを進める。

 「作品好きになって聖地巡礼した人吉が……号泣」「クラウドファンディングで準備が進んでいます。夏目友人帳ファンにも大事な旅館『人吉旅館』を!復興支援してみませんか?」

 九州豪雨の爪痕が明らかになるにつれ、SNS上はファンの悲痛な叫びであふれ、支援を呼びかける声が上がった。

聖地の橋や鉄道、お堂など被害

 夏目友人帳は、妖怪を見ることができる少年が、祖母の遺品として受け継いだ「友人帳」に名前が記された妖怪らと交流する物語。熊本県出身の漫画家、緑川ゆきさんの連載が原作で、アニメ作品は2008~17年に放映された。

 作品の舞台は明示されて…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです