メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ感染で保育園休園、代替措置実施は3割 遅れる対応、保護者負担大きく

千葉県内の保育園の給食の様子。飛沫(ひまつ)防止用のビニールカーテンを天井からつり下げるなど感染対策を取りながら保育が続く=2020年6月(撮影場所の保育園提供)

 東京23区や政令市、県庁所在地の計72市区のうち、認可保育園の園児や職員が新型コロナウイルスに感染して休園した際、別の施設の利用などの対応策を用意しているのは、約3割の22市区にとどまることが毎日新聞のアンケートで判明した。休園が長引くと、共働きやひとり親の保護者が子の世話で休職・退職するケースも考えられる。国は代替措置を検討するよう提言しているが、対応は遅れている。

 調査は6月下旬~7月初旬、計74市区を対象に行い、大津市と金沢市を除く72市区が回答した。

この記事は有料記事です。

残り1852文字(全文2084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. ORICON NEWS 女優・階戸瑠李さん、急死 31歳 16日放送『半沢直樹』に出演

  3. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 路上で女性刺され心肺停止 現場にいた会社員を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉・越谷

  5. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです