メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2 小惑星に人工クレーター作ったプロジェクトエンジニアがウェブ講演会

小惑星探査機「はやぶさ2」の衝突装置を使った人工クレーター生成実験について解説する佐伯孝尚・はやぶさ2プロジェクトエンジニア=はまぎんこども宇宙科学館のユーチューブチャンネルから

 探査機「はやぶさ2」が小惑星にクレーターを造った衝突装置を開発した佐伯孝尚・はやぶさ2プロジェクトエンジニアが25日、はまぎんこども宇宙科学館(横浜市磯子区)のウェブ講演会に登場した。佐伯さんは「打ち上げ前から心配ばかりだったが、最終的には本当にうまくいった。クレーターができた瞬間の写真を見たときは『天からのプレゼント』と思うくらいうれしかった」と、当時を振り返った。

 衝突装置を使って小惑星に人工クレーターを造る実験は世界初の挑戦で、リュウグウ探査のクライマックスだった。佐伯さんは、この実験について「野望、つまり身のほどを超えた大きな望みといえるほど非常に難しい技術だった」と解説した。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです