メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

崖崩れに巻き込まれた母子2人が死亡 1人は救出 長崎・諫早

 25日午後3時35分ごろ、長崎県諫早市高来(たかき)町で「崖が崩れている」と付近の飲食店従業員から110番があった。県警諫早署や県央消防本部などによると、通行中の母子3人が巻き込まれ、小学生の娘(8)と母親(40)が心肺停止状態で市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。中学生の娘(12)は救出され、けがをしているが命に別条はないという。

 同署などによると、母親ら3人は家族5人で長崎市から観光に来ていた。40代の父親と10代の小学生の息子は無事だった。現場は轟峡(とどろききょう)と呼ばれる渓谷で、5人で遊歩道を下っている途中で後ろを歩いていた母親ら3人が、高さ約10メートル、幅約20メートルにわたる崖崩れに巻き込まれたとみられる。中学生の娘は崩れてきた土砂から顔が出ていたという。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです