メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「3密」剣道が模索する“新しい稽古様式”とは 現場から見えたもの

マスクを着けて素振りをする参加者。普段よりも息が上がりやすくなる=東京都江東区で2020年7月1日、中村有花撮影

 新型コロナウイルス感染のリスクが高い「3密」になるため稽古(けいこ)を自粛してきた剣道界は、「新しい稽古様式」を取り入れて活動している。防具をつけた状態の稽古で、どう感染防止を図るのか。模索する現場を訪ねた。【中村有花】

呼吸で曇るフェースシールドに「秘策」

 あいにくの雨にもかかわらず、東京都江東区のスポーツ施設には、マスクを着けた人たちが次々に集まってきた。7月初旬、東京都内で活動する江東区剣道連盟の稽古会。全日本剣道連盟のガイドラインに沿って、6月中旬から高校生以上を対象とした定例の稽古会が行われている。

 参加した約30人のうち、マスクは布のタイプが7割、不織布とウレタン、手ぬぐいで手作りしたものが3割。対人稽古にはフェースシールドが必須で、目元と口元を覆う部分が分かれているタイプを、面の内側にはめ込んで使っていた。

 この日が約4カ月ぶりの稽古だったという法政大1年の阿比留宏貴さん(19)は、子どもの頃から指導を受けているという江東区連盟の足立至弘理事長のアドバイスを受けながらシールドを着けた。稽古を始めるとシールドは呼吸で曇ってしまう。そこで競泳のゴーグ…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです