メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜景遺産、きらめき増し 「室蘭観光道路」など追加 新たに3件、計20カ所 /北海道

日本製鉄室蘭製鉄所や白鳥大橋を望む潮見展望台からの夜景=北海道室蘭市提供

 日本各地の美しい夜景を広めようと民間団体が認定している「日本夜景遺産」に、道内から室蘭市の「室蘭観光道路」など3カ所が新たに加わった。道内はこれで20カ所になり、都道府県別では東京、神奈川、兵庫の各17カ所を上回り最多になった。新型コロナウイルスの感染拡大で新しい観光の模索が続く中、1人や少人数で静かに楽しめる場所として注目度も上がりそうだ。【平山公崇、高橋由衣】

 夜景遺産を普及しているのは、一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」(埼玉県新座市)。2004年から、自然▽施設▽ライトアップ▽歴史文化――の4分野で「芸術的レベルが高く美しい」「土地柄が表れている」「文化的に大きな影響を及ぼしている」など8条件を満たす夜景を独自に認定している。今月22日の発表分を含め、選ばれたのは全国で計261カ所に上る。

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです