メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブランド魚、ネット販売 石巻の若手漁師ら、加工会社を支援 /宮城

フィッシャーマン・ジャパンがインターネット販売を始めた水産加工品の詰め合わせ

 若手漁師らでつくる石巻市の一般社団法人「フィッシャーマン・ジャパン」は、ブランド魚「金華サバ」の骨を抜いた加工品などのインターネット販売を始めた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で取引先が減った市内の水産加工会社を支援する企画で、漁業に関心を持つ県内外の大学生が協力。「プロ向けの豪華な魚介類を家庭で楽しんでもらいたい」としている。

 「加工屋さんのおさかなアウトレット便」と題し、季節限定を含め約10種類の商品を用意した。銀ザケの切り落としやホタテの貝柱などが入り、価格は送料別で1980~7980円。普段は海外に輸出されたり、東京都内のホテルに卸されたりする高級品ばかりだという。

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです