メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

新潟市 こかげカフェ 食物アレルギーの人にもベーグル /新潟

木の温かみがある店内。外のテラス席も親子連れに人気=新潟市中央区で2020年7月15日、池田真由香撮影

 新潟市美術館内に2015年7月にオープンしたベーグル専門店。食物アレルギーがある人に配慮し、全メニューで「卵と乳製品不使用」をコンセプトに、ベジタリアン、ビーガンに対応したメニューを用意した。誰でも気軽に外食を楽しめる。

 美術館の客の年齢層は高く、ベーグルは「硬いパンだろ」と初めは受け入れてもらえなかったが、最近は予約が入るほどの人気だという。テラス席もあり、公園帰りの親子やペット連れも気軽に利用できる。

 なじみのない人もいるベーグルを作ることになったきっかけは、オーナーの若山裕伸さん(45)の息子に卵と落花生のアレルギーがあったことだ。「卵は何にでも入っているし、家族の食生活が一変して苦労しました」。パンは2回発酵が必要だが、ベーグルは1回で済む。卵を使わないため、自宅で息子に作れると考えた。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  3. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです