メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見つけた・この店

新潟市 こかげカフェ 食物アレルギーの人にもベーグル /新潟

木の温かみがある店内。外のテラス席も親子連れに人気=新潟市中央区で2020年7月15日、池田真由香撮影

 新潟市美術館内に2015年7月にオープンしたベーグル専門店。食物アレルギーがある人に配慮し、全メニューで「卵と乳製品不使用」をコンセプトに、ベジタリアン、ビーガンに対応したメニューを用意した。誰でも気軽に外食を楽しめる。

 美術館の客の年齢層は高く、ベーグルは「硬いパンだろ」と初めは受け入れてもらえなかったが、最近は予約が入るほどの人気だという。テラス席もあり、公園帰りの親子やペット連れも気軽に利用できる。

 なじみのない人もいるベーグルを作ることになったきっかけは、オーナーの若山裕伸さん(45)の息子に卵と落花生のアレルギーがあったことだ。「卵は何にでも入っているし、家族の食生活が一変して苦労しました」。パンは2回発酵が必要だが、ベーグルは1回で済む。卵を使わないため、自宅で息子に作れると考えた。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです