メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不器用な3人、心の軌跡 広島・呉出身の迫田監督、故郷舞台に映画 大阪・テアトル梅田で上映 /大阪

「君がいる、いた、そんな時。」の迫田公介監督=大阪市北区で、安田美香撮影

 広島県呉市出身の迫田公介監督が故郷を舞台に制作した「君がいる、いた、そんな時。」が、大阪市北区のテアトル梅田(06・6359・1080)で公開されている。【安田美香】

 小学6年の正哉は日本人とフィリピン人のハーフという理由でいじめに遭っている。正哉と同じクラスの涼太は周囲から疎ましがられながら自分の居場所を探している。そんな二人に明るく接し、優しく見守る図書館司書の祥子には悲しい秘密があり……。悩みや問題を抱え、本当の感情を抑えて過ごす不器用な3人の交流と心の軌跡をすがすがしい呉の街並み…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. これからどんどんつらくなるかも…頑張らないと 保釈の周庭氏 日本人に感謝も

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです