メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染者差別を議論 正しい知識普及を いじめ対策協 /高知

 いじめ防止対策について話し合う「県いじめ問題対策連絡協議会」(会長・浜田省司知事)がこのほど、高知市内で開かれた。弁護士や学校長が委員として出席。新型コロナウイルスに関する偏見や差別の現状と対策について議論した。

 協議会の報告によると、芸西村で3月、児童の感染が確認された後、デマやうわさが流れたり、村外に勤務する住民が自宅待機を…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです