メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇城に金桁温泉復活 新たな観光資源「憩いの場に」 /熊本

落成式を迎えた金桁温泉。三角形の屋根が連なるユニークな形をしている

 熊本県宇城市三角町に地域間交流施設「金桁(かなけた)温泉」が完成し、16日にオープンした。1881(明治14)年に開湯された歴史ある温泉だが、人口減などで閉鎖され、市が新たな観光資源として整備した。

 「三角町」を連想させる三角の屋根を五つつないだユニークな外観で、5町が合併して宇城市ができたことや周囲の山並みも象徴している。木造平屋で192平方メートル。総工費は…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです